ギックリ腰をして以来、腰が不調です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらは爽快整体院のQ&Aの回答になります。全国から爽快整体院に寄せられるご質問に対してお答えさせて頂いております。

スポンサーリンク

ギックリ腰をして以来、腰が不調です|相談内容

Kさん: 30代の子持ちママ会社員です。
普段はデスクワークが中心なせいか、先日、子供の学校行事でギックリ腰をやらかしてしまいました。先週の話です。
デスクワーカーなので、長時間の座りっぱなしになりますと、腰はなんとなくは痛むレベルでした。しかし、ここにきてギックリ腰…。温めてようやく回復してきたのですが、ギックリ腰をして以来、腰の痛みが強くなった気がしています。
どのように改善したらいいのでしょうか…。
とりあえず、今は温めて様子見をしています。

回答

Kさんの腰の不調お察しいたします。

愛知県西尾市で整体院を営んでおります爽快整体院院長の内田と申します。

「腰はなんとなくは痛むレベルでした。しかし、ここにきてギックリ腰…。温めてようやく回復してきたのですが・・・」

ぎっくり腰になってしまった際の正しい対処方法

ギックリ腰は急性の症状なので、最初は冷やしてあげることが大切です。(基本ギックリの痛みが出てから48時間は)

現在手で腰の患部を手で触ってみて周囲より熱感が強いところはないでしょうか?
あるようでしたらまだ冷やす必要がありますし、収まっているようでしたら温める方向に切り替えてあげることが大切です。

ここの部分を間違えないように気を付けてくださいね!
炎症しているのに温めていては炎症の範囲が広がってなかなか痛みが取れなくなっていきますので。
また炎症がある期間中(48時間)はお風呂は湯舟につかるのは控えてシャワーにしてあげたほうが良いです。

環境を改善させていきましょう

デスクワークで同じ姿勢や重たいものを繰り返し持ったり、運んだりする時間も長いと当然肩や腰に負担が蓄積されてしまいます。

一日の疲れを翌日にリセット出来るような環境作りが大切かと思われます。

ここでは、セルフケアとして家で出来るケアの方法を中心にお伝えしていきますね。

腰痛予防のセルフケア

ギックリ腰の炎症の状態がなくなりましたら

・腰痛に対して家で行えることは腰の横に手を当てて支えながら腰を回す運動を10回で1セット左右にゆっくり回してあげる。

・お風呂で腰を温めてあげる。

・体操を行える時に行うことが大切になります。

腰の痛みが引いてきたら、体幹を支える筋肉を増やしてあげることも大切です。

腹筋と背筋が鍛えられていれば体幹を支える力が高まり、腰痛になりにくくなります。また腰と股関節も柔らかければ腰痛になりにくい身体になります。

アブアイソメトリック

腹筋と背筋の鍛え方はアブアイソメトリックという自宅で簡単にできて、続けやすい筋トレがお勧めだと思います。

1. 四つん這いになり、両肘、両膝を床に付ける。

2. 両肘を床に押し付けて両膝を浮かせて姿勢を一直線に保つ。顔は正面に向ける。この状態を20秒間保つ。
(腹筋がプルプルしてくる実感があります)

これを1日1~2セットやっていけるようにしたら徐々に身体の軸が鍛えられて腰痛予防につながってくれることと思います。

まとめ

セルフケアを行いながら姿勢に気を付けて、体全体を使う運動も時々なさるようにしてみてくださいね。

セルフケアでも改善が難しいようでしたら、お近くで信頼のできる治療院で診ていただくことも検討すると良いと思います。

分からないことがございましたらいつでも聞いてくださいね。Kさんの腰痛が早く改善できますよう応援しています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク