初めての腰痛

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらは爽快整体院のQ&Aの回答になります。全国から寄せられるご質問に対してお答えさせて頂いております。

スポンサーリンク

初めての腰痛|ご相談内容

Fさん:最近、腰痛の症状があるのですが、初めての経験で良くわからないことが多いです。
仕事では、デスクワークも立ち仕事が半々の割合です。
特に何かしたということがなく、腰痛の原因がわかりません。
症状としては、腰がぐーっと押されたような痛さや、固まって動かしにくいようなこともあります。
何かをし始まり時に痛みが出るような感じです。
このような痛みを解消するにはどうしたらいいのかわからないので、知りたいです。
お風呂で温まったら楽になることが多いです。

回答

愛知県西尾市で整体院を営んでおります爽快整体院院長の内田と申します。

Fさんの「初めての腰痛」のお悩みお察しいたします。

当院にも腰痛改善のためにご来院されて、改善されている患者様が多いです。ご参考になればと思いましたので、お伝えさせていただきますネ!

*仕事では、デスクワークも立ち仕事が半々の割合です。症状としては、腰がぐーっと押されたような痛さや、固まって動かしにくいようなこともあります。
何かをし始まり時に痛みが出るような感じです。

ということですので、普段あまり運動をされていない腰部の筋肉が、何かを始めようとする際に、急に伸ばされるような感じになって痛みが出ているものと思われます。

腰痛に対してセルフケアで行えること

・腰痛に対して家で行えることは、腰の横に手を当てて支えながら腰を回す運動を10回で1セット左右にゆっくり回してあげる。

・お風呂で腰を温めてあげる。

・体操を行える時に行うことが大切になります。

腰の痛みが引いてきたら、体幹を支える筋肉を増やしてあげることも大切です。

腹筋と背筋が鍛えられていれば体幹を支える力が高まり、腰痛になりにくくなります。また腰と股関節も柔らかければ腰痛になりにくい身体になります。

腹筋と背筋を同時に鍛える|アブアイソメトリックのやり方

腹筋と背筋の鍛え方は、アブアイソメトリックという筋トレがお勧めだと思います。 自宅で簡単にできて、続けやすいことも特徴です。

1. 四つん這いになり、両肘、両膝を床に付ける。

2. 両肘を床に押し付けて両膝を浮かせて姿勢を一直線に保つ。顔は正面に向ける。この状態を20~30秒間保つ。
(腹筋がプルプルしてくる実感があります)

これを1日1~2セットやっていけるようにしたら徐々に身体の軸が鍛えられて腰痛予防につながってくれることと思います。

まとめ

セルフケアを行いながら姿勢に気を付けて、体全体を使う運動も時々なさるようにしてみてくださいね。

セルフケアでも改善が難しいようでしたら、 当院やお近くで信頼のできる治療院で診ていただくことも検討すると良いと思います。

Fさんが腰痛を今以上にひどくさせないようにして、早く改善できますよう応援しています。また分からないことがありましたら、お問い合わせくださいね。

辛い腰痛・頭痛・O脚・側弯症の根本改善なら西尾市の爽快整体院がお勧めです♬

爽快整体院 院長 内田勇樹
住所:愛知県西尾市西幡豆町池下71番地7
TEL(0563)62-5585
【 西尾市西幡豆町の爽快整体院 】
https://soukaiseitai.arigatou-jinsei.jp
産後骨盤矯正は西尾の爽快整体院で解決します!
https://soukaiseitai.jimdofree.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク