偏頭痛と腹痛で悩んでいます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらは爽快整体院のQ&Aの回答になります。全国から爽快整体院に寄せられるご質問に対してお答えさせて頂いております。

スポンサーリンク

偏頭痛と腹痛で悩んでいます|ご相談内容

Gさん: ちょうど30代に入った頃、いつものように献血を受けに行きました。結果、『ヘモグロビンが軽くて、人に血を分けることができません』と断られ、かなりショックを受けて家路へ帰った記憶があります。
さらに追い討ちをかけるように、40代に入る頃には腹痛や、偏頭痛に悩まされて、ひどい時は吐き気で寝込むほどになりました。
腹痛は、あまりの痛さに貧血を起こし、もうろうとなったまま、床に倒れていたこともありました。
おそらく、便秘や生理による腹痛、偏頭痛と思われますが、そろそろ更年期に入るので、なんとかしたいです。

回答

初めまして、愛知県西尾市で整体院を営んでいます爽快整体院院長の内田と申します。

Gさんの「偏頭痛と腹痛」のお悩みお察しいたします。

当院にも頭痛や更年期症状でご来院されて改善されている患者様多いですので、ご参考になればと思い投稿させていただきました。

自己判断しすぎずに、原因を確かめてもらいましょう

*腹痛は、あまりの痛さに貧血を起こし、もうろうとなったまま、床に倒れていたこともありました。

→尋常ではないことですので、まず病院で精密検査を受けて、偏頭痛と腹痛が起こる原因がどこからきているのかを最優先して診てもらいましょう。

その上で差し迫った原因が分からない場合は、生活習慣や日ごろの姿勢、血流を良くしてあげるためにはどのようにしたら良いのかを考えてみてくださいね。

偏頭痛になる原因

なぜGさんが「偏頭痛」になっているのかを考えてみましょう!

「原因」:普段はどのようなお仕事、姿勢を取られることが多いでしょうか?
腕が前にある状態で肩が前に入り、肩甲骨が左右に引っ張られて肩周辺の筋肉や頚の筋肉が、放っておくと硬くなってしまいやすい環境にあります。

頚の横にある筋肉(胸鎖乳突筋)を触ってもらうと硬くなっていたりはされていないでしょうか?こちらは硬いと頭痛の原因を引き起こす原因にもなります。

頭痛がある時はどのように対処されていますか?頭痛薬を飲んでいますか?
もし薬を服用していると胃にも負担がかかりますので、お腹が痛くなってしまうこともあります。
そして、お腹を圧迫する姿勢をとっている方はお腹が痛くなりやすい傾向にあります。

今後のお身体のためにも姿勢を良くしてあげて、頚肩の緊張がたまりすぎないようにして、頭部への血流が良くなるようにしてあげてくださいね。

普段から運動や体操をされている方は肩こりや頭痛が少ない傾向にありますよ。

正しい姿勢

頭痛がなくなるまではご自身の姿勢を姿見か上半身の映る鏡で朝、昼、晩の3回は見るように心がけてみてください。

正しい姿勢は直立して頂いた際にくるぶし・膝・肘・肩・耳の位置が一直線上に整っていることが大切です。

頭痛を減らす体操

Gさんの場合は姿勢を良くして、肩関節を動かす機会(運動や体操)を増やしてあげることが、肩こりや頚コリを減らし原因を取り除くことに役立ちますので、行ってみると良いと思います。

お勧めな運動には肩の三段回しや肘の回旋運動があります。

肩の三段回し

1.両手を合掌をして左右の肘を肩の高さまで挙げていきます。

2.そのまま左右の肩甲骨を近づけるように、両腕を後ろに止まるところまで水平に動かします。 

3.止まったところで両腕を体の前で降ろし 、 両手でパンと手を合わせます。これをまず5回繰り返します。

お相撲さんが土俵入りの際に手を動かす姿を連想してみると分かりやすいと思います。

肘の回旋運動

1.両手の四指を肩に当て、前側にぐるぐる10回まわしていきます。肩関節が全方向に動かしていけるので柔軟性が高まります。 

2.次に後ろにもぐるぐる10回まわしていきます。

あとは睡眠時間が少ない人も肩こり、頭痛になりやすい方が多いです。横になっていただいている時が頚の筋肉を休めてあげられる大事な時間です。理想の睡眠時間は7時間は取れるようにしてあげてください。前日の老廃物が尿と一緒に翌日出てくれやすくなるのでだるさを解消していく方向にむかいやすくなります。

まとめ

セルフケアを行いながら姿勢に気を付けて、体全体を使う運動も時々なさるようにしてみてくださいね。

セルフケアがなぜ大切かというとなぜなら私も45歳ですが、整体院を自宅で営んでいるので、休日を除いて家でしているわけです。今までお伝えしたような、症状が改善するセルフケアを自分でも実践しているので、肩こりは全くなく快適に生活できています。セルフケアは本当に大切ですよ。

当院がお近くでしたら、様々なアドバイスと改善が可能だと思いますのでぜひお尋ねください。

Gさんの頭痛と腹痛が早く改善できますように、また更年期の症状の予防につながりますように祈っております。また分からないことがございましたらお問い合わせくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク